Myucroのからだ世界 9

話は替わりますが、多糖類は日常生活で非常によく使われる大変身近な存在で、増粘、ゲル化、安定化などの効果を得るために利用されています。それらから類推すると、からだの中での糖類の働きの具体的イメージが得やすいのではないでしょうか。

食品に使われている事例 :
増粘 : 液体をネバネバにしたり、さわり心地を変化させる。(例: ジャムの製造に使用)
ゲル化 : 液体をがっちり固める。 (例: ゼリーなどを固める際に使用される寒天)
安定化 : 液体中に固形分を浮いたままにする。(例: ドレッシングの中に固体粒子を分散して安定させる)

私達のからだの中の多糖類も、様々な部位ごとにその特性の一つ又は全部を発揮しています。ボディワークでからだに圧をかける事で、動きがスムーズになって(流動性が増して)からだが軽く感じられる様な変化が起こったり、硬化が始まり神経を圧迫したり、血流が滞って炎症を発症する事で起こっていた痛みが減少するなどは、この基質の持つ特性と大きな関連が有る事は容易に理解できると思います。

日にちが経てば硬くなったり、もろくなってボロボロ崩れてしまう様な事を食品ではよく経験するのですが、私達のからだでもメンテナンスが十分に行われていなければ、同様の事態になる事は類推できます。老化と言う課題とも関連しますので、身近であると同時に深いテーマです。

参考資料 :
多糖類とは 多糖類.com DSP五協フード&ケミカル株式会社ホームページ