< ご挨拶 >                                                                  

巻頭の写真は、生まれて20数年を経た私のユーノスロードスターです。生き物に例れば年期の入った老馬ですが、今でも身軽でキビキビした壮年の走りです。

でも、車は部品やオイル交換が簡単だから我々とは違う、とお思いではないですか。

私たちには自動車には無い、すべらかに、しなやかに、動的に安定した姿勢や動きをサポートする「結合組織」があります。結合組織はメンテナンスを怠ると、からだがギシギシし、痛みやハリ・こり感を生じさせるガンコなやっかいものです。でも、適正な対応や手入れをすれば、それを受け入れる素直さと手入れの影響をからだ全体に拡げる能力を持っています。

私のボディワークは、結合組織(特に、筋膜)のこの素直な性格を活用し、地球上に有り余る重力エネルギーをからだが活用して、調和のとれる機能を回復する事を目指します。

This is the gospel of Rolfing :  –  結合組織に着目した先駆者の言葉 -

When the body gets working appropriately, the force of gravity can flow through. Then, spontaneously, the body heals itself.                    by  Ida P. Rolf

Rolfing and Physical Reality   P. 31

からだの働き :

からだ自身は自らを構成する全ての要素の入れ替え(分解と創生)を一定期間に行い、動的定常状態を保っています。その動的定常状態を維持する事自体が生命活動です。とは言っても、その際には各々の機能の改善までが行われているわけではありません。そのままでは、痛いところは痛いままです。そのため、ボディワークを受けたり、運動などで自らからだの手入れをする事が重要になります。

動的定常状態の参考資料 : Rudolf Schonheimer   講義原稿「生体構成物質の動的状態」 水上茂樹訳

《掲載内容の構造》
◎ ご挨拶  (当ページ)
○ アベーゼについて  (上段のメニューよりお入りくださいk)
○ プロフィール  (上段のメニューよりお入りください)
○ アクセス   (上段のメニューよりお入りください)