Myucroのからだ世界 7

基質 : ground substance
私にとっては一番イメージがわきにくく、従って最も理解し難い、一方そのためにとても興味をそそられるのが基質です。透明な液状で粘性が有るので、見た目の印象は卵白(卵の白身)の様だと表現されます。実は、動物の粘性のある物質から発見されたムコ多糖(mucopolysaccharide ; muco- 粘液 )が基質の性格に大きく関連しています。

詳細に移る前に、「糖」を整理する事にします。糖は日常生活で身近な存在であるので、曖昧な使い方をしているかも知れません。また生化学など最先端の分野でも重要な話題ですので、正確に理解をしておきたいと思います。

私が取り上げる糖は糖質(carbohydrate / saccharide)です。これは炭水化物(carbohydrate)から食物繊維(消化されない多糖)を除外した範囲を指します。糖質は単糖類(monosaccharide)、二糖類(disaccharide 単糖2分子がグリコシド結合して1分子となった糖)および多糖類(polysaccharide グリコシド結合によって単糖分子が多数重合した糖)に分類されます。なお、日常よく使われる言葉の糖類(sugar group)とは、単糖類と二糖類を合わせた範囲で、砂糖、ブドウ糖、果糖などです。

多糖類はホモ多糖(homopolysaccharide 同一の単糖のみから構成されるもの)とヘテロ多糖(heteropolysaccharide 数種類の単糖から構成されるもの)に分類され、ムコ多糖(動物の結合組織や体液中に存在する)はヘテロ多糖の一部です。なお、狭義のムコ多糖、すなわちグリコサミノグリカン(glycosaminoglycan :GAG)と言うケースがありますが、ここでは真皮に含まれるムコ多糖=グリコサミノグリカン(glycos-amino-glycan GAG )として話を進めます。

関連する言葉で、糖鎖(sugar chain)と言う言葉が有りますが、各種の単糖類がグリコシド結合(糖分子と糖分子あるいは糖分子と別の有機化合物とが脱水縮合[水分子を吐き出して、新たな化合物となる]して形成する結合形態)によってつながりあった一群を言い、GAGが良い例です。結合した糖の数は2つから数万まで様々であり、2糖類、多糖類の様な糖同士だけでなく、タンパク質や脂質とも結合して多様な分子を作りますので、これからは糖鎖について述べると言い換える事ができます。

GAGは多数の硫酸基(−OSO2O−)とカルボキシ基(−COOH)を持ち、強くマイナスに帯電しているためにきわめて水和性(水分子との相互作用が強い)が高く、体内での保水の重要な役割を負います。また、マイナス同士の反発力のために、鎖は直鎖状に連結してラセン状となっています。