< ムーブメント >

私たちは、毎日からだを動かしています。

何をいまさらとお思いでしょうが、昨日と同じ動作を今日も、今日の動作を明日もまた、と似たような、しかもほぼ無意識の動きの組み合わせで、日々過ごしています。

身近な例ですが、手のひらを合わせて指を互い違いに組み合わせて見ましょう。一番上に来る指は右手の親指ですか、左ですか? 私の場合は左の親指です。

それでは、反対の親指が上になる様に指を組み替えて見ましょう。あれれ! 何だか変な気分ではないですか? 落ちつかない、違和感を感じませんか?

こんな様に、日々の生活ではからだの偏った使い方をする傾向が多く見られます。例にあげた指組みは、偏っていても日常生活に特に支障を感じませんが、私たちには似たような動きを続ける傾向が有り、からだの不調の元凶となります。でも、普段はまったく気がつきません。

からだの不調の原因を探っていくと、無意識に何年も繰り返してきたある動作に行き当たる事があります。人間では無いのですが、わが家のワンコは右足を下にして座る癖が有り、立つ時も左足を軸にします。このため、左右のモモの筋肉に差が有り、最近は右足に支障が出る事が多くなりました。

私のムーブメントは、矯正を目的として理想的な動きの枠にからだをはめ込むのではありません。

まず、簡単な動きを通じてあなたのからだの使い方や、動きにくい動作を確認して見ましょう。それが「感覚の偏りを失くして、自分のからだに目を向ける」(気づき)の第一歩です。

次に、例えば耳で音を拾ったり、目玉をからだの動作方向に動かしたり、地面を感じたり、周囲に感覚を広げたり、呼吸のタイミングを変えたりして、同じ動作をしてみます。さて、からだが動かし易くなっていませんでしょうか?  こうして「今までの自分から解放される」一歩を踏み出します。

こんな感じで、動きにくいからだが、動き易く変化していきます。

ちなみに、手のひらを合わせた指の組み合わせは、それまでとは異なった組み合わせを意識的に行なっていると、そのうちに違和感が無くなります。私の場合はほぼ1年かかりました。

料金 :  60分  4,000円    (お着替えの時間を含みます)

《掲載内容の構造》
○ おからだを活性する  (上段のメニューよりお入りください)
◎ ムーブメント  (当ページ)
○ 真向法  (上段のメニューよりお入りください)