< 真向法 >

真向法(まっこうほう)は戦前から多くの人々に親しまれている健康法で、100年以上の歴史がある体操です。グループでかけ声をかけて行われている事が多いですが、今は一人でゆったりと静かにおこなって見ましょう。また、第一体操から始まって、第二、第三体操、最後の第四体操までの過程を急がないで、一つひとつの動作にこだわってみます。

例えば、第一体操です。

床に腰を下ろして、お内裏さまの様に足裏を合わせてます。この姿勢が取りにくく、上半身が背後に倒れそうな方がおられますので、そんな時はお尻の下にだけ固めの座布団を置いて、足は床に着けます。足よりお尻(骨盤部分)が高くなって、座り易くなりましたでしょうか。

上半身が後ろに倒れそうな不安定から解放されたら、チョット落ち着いてご自分の姿勢を感じて見ましょう。

膝が床から離れている方がいるかも知れませんし、足裏がお内裏様の様に合わさっていないかも知れませんね。あるいはおヘソがからだの中に凹み込んでいるかも知れませ。思った様な姿勢が取れないでも、気にする事はありません。その内にできるようになる、と信じましょう。

その姿勢の状態で、上半身をチョット前に傾けて見ましょう。アレ! からだがビクとも動かない、と言う方が居られるかも知れません。

出来ない事や理想形では無い事に気を取られるのではなくて、今の状態のご自分を感じましょう。どこが突っ張って感じられるか、どこか痛くはないか。逆に緊張していない所はどこか、などです。そうやって、ご自分のからだを自分の感覚でチェックして見る事、それが「自分のからだに目を向ける」(気づき)の第一歩です。

この様に自分のからだとの対話の延長に、真向法の華麗な四つの動作が待ち受けています。

真向法体操を、自分のからだとの対話をするための機会と位置付けて、時間を過ごして見ましょう。

料金 : 60分 4,000円 (お着替えの時間を含みます)

《掲載内容の構造》
○ おからだを活性する  (上段のメニューよりお入りください)
○ ムーブメント  (上段のメニューよりお入りください)
◎ 真向法  (当ページ)